出る杭は打たれる

こんにちは。
草柳隆明です。
このブログを開いて頂いてありがとうございます。

過去のブログも読むことができるので
下記から読者購登録もよろしく!!

夢は否定される

あなたが
「こういうことをやりたい!」
そういう想いが芽生えて、ワクワクして仲の良い友達に相談したら
「何言ってんの?そんなこと無理に決まってるじゃん!」
って言われたことないだろうか?

例えば
会社員をやっていて、
「起業したい!」と思い、友達に相談をする。

きっとあなたはこんな反応を友達からもらえると思っていたはずだ。
「いいじゃん!応援するよ!!」

でも現実はこうだった。
「起業なんて無理に決まってるじゃん!やめておけ!」

あれ?なんで?
応援してくれると思ったのに。

また違う友達に聞くと、こう言われる。
「お前みたいなやつに起業できるわけないじゃん!」

なぜだろう?
応援してくれると思っていたはずの友達が全く応援してくれない。

家族にも相談する。
「起業とか夢みたいなこと言ってないで、安定した職業に就きなさい。」

家族も応援してくれない。
応援してほしかった人に応援してくれなくて、あなたは凹み
「やっぱ起業は無理か。やめておこう。」
と諦めてしまう。

起業じゃなくてもいい。
何か新しいことにチャレンジしようとした時に、このような経験をしたことがある人はいないだろうか?

あなたもしたことがあるんじゃないかな?

では、なぜこうなってしまうのか?

僕はずっと不思議に思っていた。
僕も昔、たくさんの人に否定されてきたし、反対もされてきた。

25歳の時に僕の原点でもある、コーチングを学んでやっと理解できた。

人が守りたい場所

人間には居心地の良い場所が無意識的に存在する。
それを専門用語で言うと、
”コンフォートゾーン”という。

人はこのコンフォートゾーンを出ていくと居心地が悪く感じ、元にいた場所に戻りたくなる。

例えば、
会社員を普通にやっていて、社長しかいない集まりに参加したら居づらくて帰りたくなる。
高校球児で県大会1回戦負けの学校の生徒が、甲子園常連校の練習に入ったら居づらくて帰りたい。

このような現象が起きる。
これは脳科学的に起きることなので、受け入れる必要がある。

これが他人にも生じる。

自分と同じコンフォートゾーンにいた人が、ほかに行こうとした時居心地が悪くなり、引き戻そうとしたくなる。
ここで理解してほしいのが、その人に悪気はない。
無意識的な行動だ。

だからと言って、聞き入れる必要もない。
あなたが新しい事を本当にやりたいと思っているならば、そこに向かってチャレンジしていってほしいと僕は感じる。

でもせっかくならその人にも認めてもらいたい。
認めてもらうためには一つだけ方法がある。

それは・・・

あなたが結果を出すこと。

結果を出したらあなたはこう言われる。
「お前ならできると思っていたよ!」

前まで否定していた人たちの意見が覆る。
でもそこであなた自身も
「なんだよ!」
と思うのではなく、その人たちのおかげで結果が出せたと感謝する心を忘れてはいけない。

逆に結果が出なければ
「だからやめておけって言ったのに!」

と言われる。

あなたはどっちを言われたいか?
過去にも似たような経験をしたことはあるんじゃなかな?

こんなことわざがある。
「出る杭は打たれる。」
そのあとにもう一つ続く言葉。
「出過ぎた杭は打たれない。」

あなたも一度チャレンジすると決めたなら、出過ぎた杭になろう!!

中途半端だったら、必ず打たれる。

偉人と言われる人たちは出過ぎた杭だった。
だから今も尚、語り継がれる。

そんな人間にあなたもなってみたくないか?

この投稿があなたの心に響き、行動の一歩になってくれたら嬉しいです!!

最後まで読んでくれてありがとうございます!
草柳

 

追伸
このブログがいいなと思ってくれた方は
下記より草柳公式LINE@に登録お願いします!!
あなたにとって必要な情報を日々配信しています!
登録者には《特別特典》も用意しているので、ぜひ登録してください!

草柳隆明公式LINE@

運を惹きつける言葉を日々配信中☆
更に《運を引き寄せる言葉10選》登録後プレゼント中☆
LINE@追加後【プレゼント希望】とコメントを☆
友だち追加

▼草柳隆明YouTubeチャンネル▼

著書

コメントを残す