制限がなかったら何がしたい?

こんにちは。
草柳隆明です。
このブログを開いて頂いてありがとうございます。

過去のブログも読むことができるので
下記から読者購登録もよろしく!!

過去の延長線

「私やりたいことがあるんです!」
「叶えたい夢があります!」

やりたいことや夢があることはとても良い事。

そして、夢を持ったならばその夢叶えたくないですか?

いつまでも夢で終わるなんてもったいない!

僕は一回きりの人生で夢を夢で終わらせるのはもったいないと思うんです。

夢を持たない人もいるのに、持ったあなたはまず幸せだ。

では、どうすれば叶うのか?
なぜ夢を叶えている人と叶えられない人が出るのか?

考えてみよう。

あなたの夢の大きさにもよるが、大きな夢であるほど叶えるのは難しくなってくる。

あなたが夢を叶える為に、しなければいけないことがある。

それは
あなたの過去の価値観を壊すこと!!

人間は育つ過程で疑いもしない価値観を得ていく。

別の表現をすると
『常識』
という言葉だ。

あなたの家の常識が他人に通用しなかった経験はないか?
あなたが常識だと思って過ごしていたことも、他人にしたら常識ではない。

ってかそもそも常識ってなに?

みんなが良いと言っているから良い。
みんなが悪いと言っているから悪い。

大多数の意見が常識になっていく。

「常識でしょ!」
って言われるけど、育った環境が違うと
「?」
が頭に浮かぶ場合も多い。

地方によっても常識は違う。

言葉がわかりやすいだろう。
各地方に方言がある。
その地方毎に使う言葉の常識がある。
だが、違う地方の人に理解してもらえない。

それは育った環境が違うから当たり前のことだ。

人間は知らず知らずに自分の可能性に蓋をしている。

可能性に気付く

あなたは自分の可能性に蓋をしている。

その可能性に気付くためにはどうすればいいか?

面白い実験がある。
ノミの実験だ。

ノミは本来何mもジャンプすることができる。
だが、そのノミを蓋をしたかごに入れる。

そうするとどうなるか?
ジャンプしても蓋にぶつかって飛べない。痛い。
ノミも馬鹿じゃないから、学ぶ。
「ここまでしか飛べないんだ」と。

そうなったノミは蓋を外しても蓋のあった位置までしか飛ばない。

あれ?不思議じゃないか?

もう蓋はなくて、何mも飛べる条件に戻っているのに蓋の位置までしか飛ばない。

なぜだろう?

ここまでしか飛べないという条件付けをされたから!

本当はもっと飛べる可能性があるのに、押さえつけられた結果飛べなくなっている。
どうすればまた飛べるようになるのか?

隣に何mもジャンプできるノミを入れる。

そうすると隣のジャンプしているノミを見て、自分も飛べると思い出し再び飛べるようになる。

理解しただろうか?

これをあなた自身に当てはめてみてほしい。

育った環境によって蓋をされたあなた。
社会という蓋のない環境に飛び出ても飛べないあなた。
かたや、やりたいことをやっている人もいる。

そう。
蓋をされたあなたの可能性を取り戻すには周りに蓋をされていない人を置くことだ。

ここで大事になってくるのが環境!!

周りに蓋をされた人しかいなければ一生蓋がないことに気付かない。
逆にどこまででも飛ぶ人といれば、あなたも飛べる。

あなたが誰と過ごすか?どこに身を置くか?

これが一番大切!!

環境選びは本当に大事にしてほしい。

あなたが目指している姿の人がいる環境を選ぶ!!

これが一番あなたが夢を叶えることができる最短最速の方法だろう。

今のあなたの周りはどうだろうか?

もし蓋をされてきた人ばかりだったら環境を見直すタイミングだ。

僕自身も環境選びは常に大切にしてきている。

セミナーやイベントでもあなたにあった環境を伝えているので、ぜひ興味ある方は参加してほしい!

気付き質問等があれば公式LINE@から連絡ください!!
あなたの悩みを引き出して、解決します!
追加はこちらをクリック⇒https://line.me/R/ti/p/%40tet6663c

最後まで読んでくれてありがとうございます!
草柳

 

草柳隆明公式LINE@

運を惹きつける言葉を日々配信中☆
更に《運を引き寄せる言葉10選》登録後プレゼント中☆
LINE@追加後【プレゼント希望】とコメントを☆
友だち追加

著書

コメントを残す